発送料金の削減について

発送料金の削減

「ゆうメール特約運賃」や宅配便各社の割引サービスを活用することで、 発送コストの最適化をご提案します。

ゆうメール

日本郵便と大口契約を結ぶことで、一般料金よりも大幅な割引を実現。発送料金の削減につながります。

< ゆうメール特約運賃について >

日本郵便とイムラ封筒が特別運賃契約を結んでおり、当社が差出を代行することで、ゆうメールに関して特別運賃での差出が可能になるサービスです。

割引を受けるための条件

  1. サイズの指定
    340×250×30ミリ・重量3kg以内
  2. 封筒の一部開封または事前に内容物の見本提示
  3. 対象品:冊子とした印刷物およびその他の印刷物(電子記録媒体を含む)を内容とするもの
    ※手紙などの信書でないこと、商品見本は「サンプル」または「商品見本」と記載したものに限る
  4. 記載事項:宛名面に「ゆうメール」または「これに相当する文字」、および差出人を記載する
    ※宛名面の貴社名近くに「差出人・返還先は裏面に記載」と表記すれば、差出人・返還先を裏面に記載することもできます
  5. 差出局は、原則として日本郵便が指定する引受局となります。
    例)東京都下では東京北部局または東京多摩局、大阪府下では新大阪局となります
  6. 同時差出個数
    配達局差出は1,000個以上、配達統括支店およびその他の配達統括支店差出は100個以上
  7. (定形サイズの場合)カスタマーバーコードの事前確認
    事前に差出支店でカスタマーバーコードの内容確認を受ける
  8. 送達日数3日程度猶予承諾
    通常の配達日数(日祝を含まず差し出した日から3営業日以内)に3日程度の猶予を承諾

メール便

宅配便各社のメール便サービスが利用可能です。案件に合わせて、最適なサービスをご提案いたします。ご要望に応じて、メール便とゆうメールの組み合わせによる最適化のご提案もいたします。

ご活用次第では発送料金の削減が可能です。
詳しくはお問合せください。

"ゆうメール"の特約運賃を活用して、
大幅な発送コストの削減が実現できます!

Before
コスト削減が全社的な取組みになっている中、社外への発送物や顧客への各種案内などの発送コストを少しでも削減できないか悩んでいました。
After
Rmitp®の"ゆうメール"を利用することで、諸条件により毎回の料金に差はあるものの、結果的に20~30%の発送コスト削減になりました。

ポイント

日本郵便と大口契約を結んでいるイムラ封筒が差し出しを代行することで、少ない通数でも低コストでの発送が可能になります。
コスト削減事例として全社で情報共有し、他部署のカタログ発送の発送料金に関しても、ゆうメールやメール便のイムラ封筒契約価格によって、大幅に削減することができ、全社的なコスト削減への貢献につながりました。

印刷物の発注先を一社に集約することで、
発注業務の効率化とコストの最適化を実現します。

Before
DM発送の度に、封筒・チラシ・リーフレットなどそれぞれ別の印刷会社に発注をしており、調整や打ち合わせに時間がかかっていました。なるべく1社に集約して発注したいが既存の取引先には印刷物全てを委託することができず、新たな取引先の選定を検討していました。
After
Rmitp®の様々な機能から必要なものを選べるため、封筒はもちろん、紙の印刷物全てに対し、1社に集約して発注が可能となり、業務効率が大幅に改善しました。更に封入・発送においても1社へ発注を集約することができました。

ポイント

印刷だけでなく、宛名データ加工から封入発送、物流、バックメールの処理に至るまで、一連の作業をワンストップソリューションでご提案することにより、担当者様の業務効率の改善に貢献し、なおかつコストメリットも出すことができ、大変喜ばれました。