03-5419-2270  お問い合わせ 見積り

環境に配慮した封筒

再生紙を使った封筒から、お茶殻入り封筒、森林認証紙封筒まで、幅広いラインナップで、ご要望にお答えいたします。

株式会社伊藤園様の『茶殻リサイクルシステム』より誕生した茶殻を有効活用したリサイクル紙で作った封筒です。 伊藤園が開発した技術によって茶殻を木材パルプに配合することに成功、このリサイクル紙を使用することによって、 木材パルプ使用量の削減や未利用材(茶殻)の有効活用による廃棄物削減などの環境負荷低減に貢献できます。 イムラ封筒と伊藤園は封筒に加工するための諸問題を解決して『お茶殻入り封筒』を共同で開発しました。 原材料の茶殻の漂白加工などを行なっておりませんので、紙全体からほのかなお茶の香りがします。 表面の茶殻繊維によって一般のクラフト紙に比べて透けにくく、封筒の中身の情報保護性にも優れています。
お茶殻入り封筒を使った事例はこちら

 

間伐材封筒

健全な森林の育成に間伐作業は欠かせません。その際に出た間伐材を活用した封筒です。

再生紙封筒

再生紙を使った封筒を使うことで森林資源の使用を抑制することができます。グリーン購入法適合製品も取り扱っております。

再生紙封筒を使った事例はこちら

森林認証紙封筒

持続可能な森林経営を実現するための仕組みが森林認証制度です。イムラ封筒として、FSC®、PEFCの二つの認証を取得しています。この紙を利用した封筒を採用いただいた場合は、認証マークを封筒に印刷することが出来ます。  森林認証紙封筒を使った事例はこちら

FSC PEFC

・FSC(Forest Stewardship Council® 森林管理協議会)とは、1994年に設立された適切な森林管理を推進することを目的としたNPO団体です。
・PEFCとは、1999年に設立された持続可能な森林管理を促進するための国際統括組織です。


このページを見た方はこちらのページも見ています ↓