イムラのお役立ちブログ イムラボ!

梱包材から脱プラとコスト削減を始めよう!緩衝材不要、ALL紙製の「紙Net封筒」

イムラのお役立ちブログ イムラボ!

緩衝材のいらない梱包 "紙Net封筒"で、脱プラとコスト削減を試してみよう

プラスチックを食べる亀と、プラゴミに立つ鳥


いくつかのショッキングな写真から、マイクロプラスチックを発端とする脱プラ(脱石油製品)を求める声が急速に高まりました。現在、みなさまの業界でも、脱プラは避けては通れない課題となってきているのではないでしょうか。特に、消耗品である梱包材は、優先順位の高い脱プラ対象と言えるでしょう。


また、物流倉庫やラストワンマイル配達においては人手不足が叫ばれている状況があります。

サービス見直し相次ぐ 物流、人手不足厳しく(2018/11/12 18:54日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37657320S8A111C1TJ1000/
不動産大手、物流施設の開設を駅近へ 人材確保策に(2019/7/5 15:39日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46999650V00C19A7X12000/

物流コストの高騰や、倉庫の人手不足もまた、避けては通れない課題となってきています。より安価な発送方法が、今まで以上に求められるようになっています。

今回は、わたしたちのご用意できる梱包材をご紹介しながら、この2つの課題についてお話させていただきます。


この記事はこんな方にぴったり!


 ☞ 通販やノベルティなど、定期的に小物や書籍など、A4以下のサイズのものを発送されている企業様
 ☞ 物流機能や倉庫業務、梱包材手配のご担当者様
 ☞ 今、クッション封筒をお使いの方!


クッション封筒をご利用ですか?梱包でチェックしたいポイント


今までの梱包 小さい商品を入れるのに、緩衝材を入れて段ボール箱に梱包している
書籍などを、クッション封筒(気泡緩衝材)(空気の詰まった袋。指で潰すと楽しいアレです)や、レターケース封筒に梱包している

こんな梱包をしているときにチェックしたいことは…

環境面からポイント!
お使いの緩衝材やクッション封筒に、プラスチック素材が使われていませんか?

作業面からポイント!
手作業でダンボール箱を組み立て、緩衝材を入れている場合、作業時間が大きくかかっていませんか?
また、レターケース封筒では、クッション性が不安だったりしませんか?

コスト面からポイント!
小物だけど、緩衝材を入れなければならない都合から、コストの大きい60サイズ宅配便で送っていませんか?


もし当てはまるなら、次の項目でイムラの紙Net封筒と比べてみましょう!



紙Net封筒で梱包してみよう

紙ネット封筒

これが紙Net封筒です。見た目は普通の封筒ですね。紙厚が150g/㎡のため、通常よりしっかりしています。


紙ネット封筒の構造

実は、中に小さな封筒がもうひとつ入っています。この小さな封筒は、中に物を入れるときに大きく伸びます。


紙ネット封筒へ封入

物を入れて奥に押し込むと、中の封筒がメッシュ状に伸びていき、ハニカム構造となって緩衝材のようにクッションの形に変化します!


190831lab-huukan.jpg

テープ糊の離型紙(剥離紙)を剥がして、フタを閉じて封緘したら終わり!

環境面からポイント!
中も外も紙素材でできているから、分別も不要。脱プラとしてアピールできます。

作業面からポイント!
別途緩衝材を用意する必要がないから、早く作業できます。

クッション封筒と、紙ネット封筒の比較

中に物を入れる前の、クッション封筒との比較です。梱包する前はクッションにはなっていないため、こんなに薄いんです!そのため、保管スペースも削減できます。


コスト面からポイント!
ネコポスやゆうパケットに対応したサイズの紙Net封筒なら、宅配便より安価に発送できます。再配達も不要になります。
190831lab-size.png


そのほか…

190831lab-tokuchu.jpg

ブランド名など、表面に印刷をいれることができます。
・月50,000件以上の発送をされている場合、サイズや紙を特注のものに変更することができます。(要ご相談)



扱っている物が紙Net封筒に入るかどうか、試してみよう

いかがでしょうか?便利に使える紙Net封筒ですが、みなさまで扱われている物が入らなければ始まりません。もし興味がございましたら、今なら無料でサンプルを5部お届けさせていただきます!

190708lab120cofee.png

ご検討の流れ

1, 下のフォームよりお申し込みください。サンプルを5部、郵送させていただくか、営業がサンプルをお届けし、ご説明させていただきます。
2, 物流センターまたは委託されている倉庫会社様をご紹介いただければ、作業効率や保管スペースがどのように改善するか、担当部署様に直接ご提案させていただきます。
3, 規格・サイズ・仕様を決定し、お見積りをします。
4, 導入!効果を実感してください。

うちに向いてるかな?使えそうかな?悩んだらサンプルを試してみましょう!お申し込みフォームはこちら↓

おすすめ記事