03-5419-2270  お問い合わせ 見積り

 その他の加工について

封筒の知識の一覧ページへ戻る


■開封

郵便料金が割安な第3種郵便物(認可を受けた定期刊行物)第4種郵便物(通信教育用など)
冊子小包の場合、開封が条件となっています。

*開封は封入口の2分の1が基準。フラップの左右どちらでもよい。
 (但し、冊子小包は中身が確認できる程度の開封でよい)
*中身が大部分透視できるフィルム封筒では、開封は不要。冊子小包も同じ。







■ミシン目

封書を開封しやすくする為に入れるミシン目加工。

*糊止め加工をすることが多い。サイド又はボトムの糊代の一定個所を切込み、表と裏とを直接貼り合わす。
 開封時にはさみなどで内容物を傷つけないようにするため。







■ハトメヒモ付

ハトメとヒモが1セットで加工されており、封筒を自由に開けたり閉じたりできるもの。
書類入れに多く使用される。

*開封扱いにもなる。






■マジックテープ

名の通り、フラップにマジックテープが付いていて、開閉が自由自在にできる。






このページを見た方はこちらのページも見ています ↓